プロペシアとミノキシジル

プロペシアとミノキシジルなら育毛効果抜群です

今最強の育毛剤は、プロペシアとミノキシジルになります。AGA治療にとって最新の治療方法です。

プロペシアとミノキシジル

 

プロペシアやミノキシジル・バイアグラなど男性にとって救いの道をつけてくれる薬が、ある薬を臨床試験している時の副作用としてここ最近見つかっています。

 

プロペシアは前立腺肥大の治療薬を開発中に見つかり、バイアグラは高血圧(肺動脈性肺高血圧症)の治療薬を開発中に見つかりました。
ミノキシジルは血管拡張剤(高血圧の薬)を開発中に見つかりました。

 

どちらの病気は男性が年齢を重ねるごとに出てくる病気で症状の差はありますが、多くの男性が悩んでいるところです。

 

ですので、これらの病気を治していく治療薬を開発中に、今よりもっと効果の高い薬がこれから先見つかる可能性は多いにあると思います。

 

現時点では、育毛にはプロペシアが一番効果のある薬として使用されています。

 

プロペシアについて誤解があるようなので下記の事を良く理解して下さい」。

 

プロペシアは男性ホルモンに影響を与えて、発毛サイクルを正常に戻す作用のある薬です。

 

薄毛になった人は育毛サイクルが狂ってしまい髪の毛が育つ段階が短くなって結果として薄毛になっています。

 

この育毛サイクルを正常にする事で、薄かった毛が濃く太い毛に戻るので、毛が多く見えてきます。

 

ですので、正式に言いますと髪の毛を増やす薬ではなく、髪の毛を元の状態に戻す薬です。

 

完全に毛根が無くなってしまている人がいくら服用しても全く効果はありません。

 

薄毛の人は実は髪の毛が無くなったわけではなく、細く短い産毛の様になってしまっている状態で、実際にはそこに髪の毛は存在しています。

 

またプロペシアは服用を中止すると、元の育毛サイクルに戻ってしまいますのでいつまでも髪の毛を維持したい方は飲み続けなければいけません。

 

ミノキシジルは、プロペシアと違い脱毛を回復させる作用がありますので、髪の毛を増やす事ができます。

 

最初ミノキシジルには塗り薬と服用薬がありましたが、服用薬では副作用が問題になり頭皮に直接塗るタイプの商品が発売されることとなりました。

 

プロペシアとミノキシジルはどちらも薬理作用が異なるので併用しても問題が無く、むしろ併用する事で効果がよくなる事が分かっています。

 

新薬が偶然今後発見されるまでは、現状ではプロペシアとミノキシジルの併用が一番効果のある育毛方法になります。

 

それぞれの詳細は、次の項でご説明をしておきますので参考にしてください。

 

 

プロペシアとミノキシジル併用

 

プロペシアとミノキシジルは、医療機関でAGA(男性型脱毛症)の治療に使用されているお薬になります。

 

実際に育毛効果が期待できる、治療用の育毛剤です。現段階でこれ以上の男性の薄毛に対する治療薬はありません。

 

アメリカ食品医薬品局 (FDA) が認めた男性型脱毛症(いわゆる、若ハゲ)に有効な薬は、このプロペシアとミノキシジル(商品名ロゲインなど)のみである。

 

プロペシア

プロペシアの成分フィナステリドは元々前立腺肥大の薬として開発されましたが、1mgで髪の毛の成長がみられることが明らかになり、男性型脱毛症の治療薬としてアメリカで発売されました。日本では、、2005年10月に認可されています。

 

プロペシアの育毛効果の仕組みは、睾丸で生産される男性ホルモンテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する酵素である2型5-α還元酵素を阻害することによってDHAを作らせない。
DHAは、皮脂腺の受容体と結びつき、過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いで男性型脱毛を誘発する原因となっている。

 

副作用として、性欲減退や、胃部の不快感などがあるが、性欲減退に関しては、このプロペシアとフラセボ(偽薬)を飲ませた実験で、どちらにも同じ程度の副作用が発生しており、プロペシアの副作用ではない事がはっきりしています。

 

プロペシアの効き目がみられるまでには、通常6ヵ月の服用が目安となりますので、最低でも半年は続けて下さい。途中で止めてしまうと、元のAGAに戻ってしまいます。

 

アメリカでは、5年間の調査研究では、フィナステリド(1日1mg)を服用した男性の9割に効果が認められたと発表している。

 

飲み方は1日1錠を同じ時間に飲むだけです。

 

プロペシアとミノキシジル

 

ミノキシジル

1960年に経口高血圧治療薬として開発されたが、のちに育毛効果がある事が発見され、ミノキシジル2%のロゲインとして、外用剤で発売された。
ミノキシジルの効果は、血管拡張作用による毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化ではないかと言われいるが、他の血管拡張剤には同作用が見られないため、現状では、ミノキシジルの発毛効果のメカニズムはよく分かっていない。

 

日本ではミノキシジルの医薬品はいまだ認可されていないが、大正製薬が一般薬として、ミノキシジル1%の入ったリアップを発売している。最近ではミノキシジル5%の入ったリアップ5なども発売されているが、アメリカの研究では、ミノキシジルの濃度の変化と発毛効果には関連性があまりなく濃度が濃いから多く毛が生えてくるわけではない。

 

プロペシアとミノキシジル

プロぺシアの育毛作用とミノキシジルの育毛作用では、全く違うプロセスで育毛をしていることから、2点とも同時に使用することにより相乗効果があると言われています。

 

プロペシアとミノキシジル関連の育毛剤の詳細はこちらご覧になれます。

 

プロペシアとミノキシジルの個人輸入

 

プロペシア、日本では処方箋のいる薬として認可されており、診察料も含めると、だいたい平均でプロペシア28錠価格で、8000円ぐらいが多いようです。

 

ミノキシジルは日本では、薬としては認可されていません。唯一購入できるのがリアップ5で7400円になります。

 

どちらも育毛目的で使用する場合には、長期間の使用が必要となるため、かなりの費用を必要としましす。

 

ですが、うれしいことにこれらの育毛剤を、海外から個人輸入という形で買うことができます。

 

個人輸入とは日本で認めた個人に対する薬の輸入制限で、ある一定量までなら、買っていいことになっています。

 

医薬品等の個人輸入について

 

この方法で購入しますと、お医者さんが儲ける分をカットできますので、かなり安くできます。

 

また、プロペシアやミノキシジルには、ジェネリック医薬品も出ていて、更にお安い価格で買えるのがうれしいところです。

 

ただ、個人輸入に関しては、偽の薬を販売する如何様業者が沢山いますので、注意が必要です。

 

プロペシアとミノキシジル関連のさらに詳しい情報はこちらでご覧ください。

 

プロペシアとミノキシジルのご紹介

 
プロペシア プロスカー

>プロペシア<

 

「フィナステリド」含有の男性型脱毛症(AGA)の治療薬

被験者の98%がAGAの進行が止まった

フィナステリド1mg28錠

>プロスカー<

 

プロペシアと同じメルク社が製薬したAGA(男性型脱毛症)治療薬

被験者の98%がAGAの進行が止まった

フィナステリド5mg28錠

フィンカー フィンペシア

>フィンカー<

 

「フィナステリド」含有の男性型脱毛症(AGA)の治療薬

被験者の98%がAGAの進行が止まった

フィナステリド5mg100錠

>フィンペシア<

 

「フィナステリド」含有のジェネリック医薬品

被験者の98%がAGAの進行が止まった

フィナステリド1mg100錠

フィナックス アボダート

>フィナックス<

 

「フィナステリド」含有のジェネリック医薬品

被験者の98%がAGAの進行が止まった

男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。
フィナステリド1mg30錠

>アボダート<

 

成分デュタステライドは、脱毛の最大の原因である5αリダクターゼを抑える働きを持ちます。5αリダクターゼにはT型とU型があり、デュタステライドは、T型とU型のどちらも同時に抑えることができる

プロペシアの成分であるフィナステリドよりも強力

デュタステリド0.5mg30錠

フィナロ ロニタブ

>フィナロ<

 

「フィナステリド」含有のジェネリック医薬品

被験者の98%がAGAの進行が止まった


フィナステリド1mg100錠

>ロニタブ<

 

「ミノキシジル」が主成分の内服薬

「塗布タイプ」のミノキシジルでは実感できなかった、「生え際の発毛・育毛」にも効果

ミノキシジル5mg10錠

エフペシア フィナステリド

>エフペシア<

 

「フィナステリド」含有のジェネリック医薬品

被験者の98%がAGAの進行が止まった

フィナステリド1mg100錠

>フィナステリド<

 

「フィナステリド」含有のジェネリック医薬品

被験者の98%がAGAの進行が止まった

フィナステリド5mg28錠

ツゲイン2(ミノキシジル2%) ツゲイン5(ミノキシジル5%)

>ツゲイン2(ミノキシジル2%)<

 

頭部に塗るタイプ。

「ロゲイン」「リアップ」のジェネリックミノキシジル

ミノキシジル10%60mg

>ツゲイン5(ミノキシジル5%)<

 

頭部に塗るタイプ。

「ロゲイン」「リアップ」のジェネリックミノキシジル

ミノキシジル5%60mg

ツゲイン10(ミノキシジル10%) フィナロ100錠+ミノキシジル錠剤50錠セット

>ツゲイン10(ミノキシジル10%)<

 

頭部に塗るタイプ。

「ロゲイン」「リアップ」のジェネリックミノキシジル

女性の薄毛にも有効

ミノキシジル2%60mg

>フィナロ100錠+ミノキシジル錠剤50錠セット<>

 

「フィナステリド」含有のジェネリック医薬品+「ミノキシジル」配合の錠剤タイプのAGA治療薬

プロペシアとミノキシジルのセット

フィナステリド1mg100錠+ミノキシジル5%50錠

プロペシア28錠 + ツゲイン(ミノキシジル2%)60mlセット プロペシア28錠 + ツゲイン(ミノキシジル5%)60mlセット

>プロペシア28錠 + ツゲイン(ミノキシジル5%)<

 

プロペシア28錠 + ツゲイン(ミノキシジル2%)60mlセット

最強の組み合わせ

>プロペシア28錠 + ツゲイン(ミノキシジル2%)60mlセット<

 

プロペシア28錠 + ツゲイン(ミノキシジル5%)60mlセット

最強の組み合わせ

 

プロペシアとミノキシジルのジェネリック

 

プロペシアとミノキシジルは現在育毛効果がある薬として医学でも認められています。

 

実際この2点を併用する事で、かなりの確率で育毛する事が分かっています。

 

最近では、ないないの岡村さんがプロペシアの服用で、ばさばさのヘアーになった事でも有名です。

 

ですが、このプロペシアとミノキシジル共に使用を止めたら、育毛効果が無くなり元の状態に戻ってしまいます。

 

そんな意味では、長い付き合いをしなければいけない薬ですので、少しの値段の差が長い間には大きな差になってきます。

 

そこでご紹介したいのが、ジェネリックです。

 

どちらの薬にもジェネリックが出ています。

 

プロペシアは、フィンペシア、ミノキシジルは、ツゲインという感じです。

 

どちらも、コストパフォーマンスが抜群で一番お安い購入方法で、フィンペシアが1錠25円、ツゲインがミノキシジル5%60ml入で1本405円になります。

 

ツゲイン60mgで約1か月分ありますので、1日のコストは13円になります。

 

※ツゲインには2%、5%、10%とありますが、おすすめは5%になります。10%はべとつきがありますので、短髪でないと使用できません。

 

これらのジェネリックの併用で1日に掛かる費用は、38円です。

 

医者でプロペシアを処方してもらうと、1錠268円、ミノキシジル5%のリアップX5を購入して、1日253円

 

通常の日本の価格では、268円+253円で、521円になります。

 

ジェネリックですと1日38円、正規に購入すると521円です。

 

ジェネリックだと10%以下の価格になりますので、もう迷う余地は全くありません!!!

 

プロペシアとミノキシジルのジェネリクに関しての詳細はこちらで案内しております。

 

ミノキシジルは塗るタイプがおすすめ

 

ミノキシジルには錠剤の飲むタイプと、液体の塗るタイプの2点があります。

 

プロペシアは男性ホルモンに影響を与えて、薄毛の原因になる育毛サイクルの異常を正常にする事をメインの役目としています。

 

一方ミノキシジルは、血管を拡張して血液の循環を良くする事で発毛効果を得る事を目的としています。

 

ミノキシジルの効果は、飲み薬を使用した場合には頭皮部分だけではなく身体全体にこの効果が出てしまいますので、いろんなところで血管が拡張してしまいます。

 

この作用を使用して血圧を下げる薬などもあります。

 

ですが、体の他の部分で意味も無く血管を拡張すると脳ではその血管を元の状態に戻そうと血管を収縮させるように命令を出します。

 

その結果、血管内の水分を外に出すことで血管を収縮させますので、血管の回りには水分が溜まりむくみとして体に変化が出てきます。

 

また血管内はで水分の少ない血液になりさらっとした血液から粘土の高い血液に変化をしていき、脳血栓などの原因にもなってしまいます。

 

ツゲインなどの塗るタイプのミノキシジルですと、その作用は頭皮だけに影響を与え他の体の臓器には全く影響が行きません。

 

以上の理由から、出来ればミノキシジルは塗るタイプをお勧めします。

 

もちろんミノキシジルの飲むタイプが簡単で、且これまでに体に異常を感じた事の無い方はそのまま飲み薬を続けても問題はありません。

 

あくまでも、可能性の話ですのでそのことを良く知った上でご自分で判断をしてください。

 

プロペシアとミノキシジルの併用についての詳細はこちらでご覧ください。

 

加齢による薄毛の仕組み/XVII型コラーゲン

 

最近薄毛の仕組みについて詳しい仕組みが分かってきました。

 

西村 栄美(ニシムラ エミ)教授 (難治疾患研究所 幹細胞医学分野)がマウスにおける加齢による薄毛のしくみが解明されたことを発表しました。

 

ニュースによりますと、

 

歳をとることで毛包幹細胞においてDNAのダメージが蓄積してくると、幹細胞維持に必要な蛋白質の分解がひきおこされ、毛包幹細胞が表皮角化細胞へと分化しながら皮膚表面へと移動して落屑していくため、毛包が小さくなり消失することをはじめて示しました。
元のニュースはこちら

 

薄毛のメカニズム

 

とかなり難しい事なのですが、要は髪の毛を作っているところの細胞が加齢によってダメージを受け、その結果毛穴からしがいになって出て行ってしまうので、毛が生えなくなってくると言う話の様です。

 

この原因として「XVII型コラーゲン」が無くなってくるのが原因である事も同時に解明されたようです。

 

この研究により将来「XVII型コラーゲン」の減少を抑制する事で加齢による薄毛を無くす事が出来る可能性が出てきました。

 

実際にこの研究が薬になるには、10年ぐらいは掛かるとのことですのでまだ先の話です。

 

ですが、今20歳代以下の人にとっては期待ができる研究になります。

 

これが成功しますと、加齢によるはげは無くなりますので、夢のような話です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ