プロペシアとミノキシジル

アボダート(デュタステライド)

アボダート(デュタステライド)

 

アダポートの成分であるデュタステライドは、プロペシアと同じ働きがあります。

 

アボダートは日本では前立腺肥大の薬として認可されており、アボルブという名前で販売されています。

 

脱毛の原因である男性ホルモン、ジヒドロテストロン(DHT)は、テストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が関連して作れらます。

 

5αリダクターゼという酵素には、T型とU型あがあります。

 

プロペシアは2型5αリダクターゼだけしか抑えられませんが、デュタステライドはT型・2型を両方抑える事ができます。

 

ですので、アボダートはプロペシアよりも、強力な脱毛防止効果が期待できます。

 

プロペシアとアダポートを比較した実験結果では、約1.5倍の効果の違いがあったと報告されています。

 

プロペシアを服用しても効果の現れなかった方は、挑戦してみる価値があります。

 

アダポートに関しては、前立腺肥大の薬として日本でも認可されていますので、副作用の心配はそんなにないと思いますが、一部の報告によりますと、性欲減退、勃起不全などの副作用が報告されています。

 

効果が得られるまでに最高で6ヶ月の服用が必要だとされています。

 

アボダートはステロイド剤の医薬品です。
そのため、強い効果を発揮しますが、リバウンド(酷い脱毛など)の可能性がありますので、急に服用を中止しないでください。

 
プロペシアとミノキシジル

ホーム RSS購読 サイトマップ