プロぺシア効果

プロぺシア効果

プロぺシア効果

 

プロペシアは「フィナステリド」という物質を含有している「5α-還元酵素阻害薬」です。

 

5α-還元酵素は髪の毛を抜けるようにする働きをし、男性型脱毛症(AGA)を引起こしやすくする「DHT(ジヒドロテストステロン)」を沢山製造します。

 

この酵素が多くなる事で抜けがが進んで、次第に薄毛になって行きます。

 

フィナステリドは、この男性型脱毛症(AGA)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を作らせないようにして発毛サイクルを正常に戻し太く長い髪の毛に変えてくれます。

 

少しプロペシアに関しては勘違いがあるように思います。

 

製薬会社や医者にあるパンフレットを見ますと、プロペシアで育毛できますとありますが、実際は髪の毛が多くなることはありません。

 

プロペシアができる事は今ある細く短い毛を太く、長くしてくれるだけの効果しかありません。

 

ですが、薄い毛が太く長くなれば結果として育毛できたと同じ様に見えるので問題はありません。

 

髪の毛が後退してきても実際に詳しく額を見ますと、細小さな産毛があります。

 

それらを太く長い毛にする事で、発毛はしないが育毛ができるのがプロペシアです。

 
プロペシアとミノキシジル

ホーム RSS購読 サイトマップ