プロペシアとミノキシジル

プロペシアジェネリック

プロペシアジェネリック

 

プロペシアは育毛効果が医学的に照明されている唯一の発毛剤になります。

 

薄毛になる原因の大本である男性ホルモンを抑制することで、育毛サイクルを元に戻して発毛へと移行させる力があります。

 

ですがプロペシア自体が病気に使用する薬ではありませんので、基本的に保険が効きません。

 

日本でプロペシアを処方してもらうと、1mgが1錠で280円ほど掛かります。

 

毎日、ほか弁ののり弁を食べているような金額になります。

 

毎日280円はやはり年間にはその365倍ですので、102200円の出費になります。

 

1か月分の給料が飛んで行ってしまいます。

 

そこでおすすめしたいのが、プロぺシアのジェネリックになります。

 

プロペシアのジェネリックにはいろんな種類がありますが、フィンぺシアなどが有名です。

 

フィンペシアですと1錠30円で購入することができます。

 

プロペシアの10分の1の値段です。プロペシアを実際に利用していて効果を感じている方でしたら、是非ジェネリックに移行することをお勧めいたします。

 

一時期キノリンイエローと言う着色剤が発がん性があるかもしれないと言う理由で敬遠された事がありましたが、キノリンイエローフリーのエフぺシアなども発売されていますので、問題はありません。

 

キノリンイエロー自体も日本では発がん性があるとされていますが、海外ではそのような事は無くいろんな食品添加物として利用されています。

 

気になる方はエフぺシアにしましょう。

 
プロペシアとミノキシジル

ホーム RSS購読 サイトマップ