プロペシアとミノキシジル

ミノキシジルの経口薬ロニタブ

ミノキシジルの経口薬ロニタブ

 

ロニタブ5mgはミノキシジルを主成分とした飲む育毛剤です。

 

ロニタブは元々、高血圧の薬として、開発され、その途中段階で、育毛効果がある事が分かり育毛剤として発売されるようになりました。

 

ロニタブは飲むタイプのミノキシジルですので、塗るタイプに比べ即効性があり、効果も高いとされています。

 

通常ロニタブ5mgを1日一錠飲むことにより効果が期待できます。また飲む事を中止した場合には、髪の毛は元の状態に戻っていきます。

 

ロニタブは抹消血管を拡張させて、(特に頭部の)発毛を促進する役目があります。

 

今高血圧で降圧剤を飲まれている方は、医者と相談して、血圧の薬を変える必要があります。

 

今飲んでいる降圧剤をそのまま飲んで、ロニタブを飲みますと、降圧作用が強く出過ぎて、体に異常をきたす場合がありますので、ロニタブを飲む場合には、今飲んでいる降圧剤との組み合わせをうまくしましょう。

 

「塗布タイプ」のミノキシジルでは実感できなかった、「生え際の発毛・育毛」にも効果が確認できたというユーザーの声も多いAGA治療薬になります。

 

いずれも育毛剤も飲むのを止めると、効果が止まります。また、飲み始めてから実際に効果が出るまでには、やはり最低でも6か月は必要とされています。

 
プロペシアとミノキシジル

ホーム RSS購読 サイトマップ